【実践済み】Instagramのフォロワー爆増方法!半年で1万人達成で分かった伸ばす秘訣

【実践済み】Instagramのフォロワー爆増方法!半年で1万人達成で分かった伸ばす秘訣

今や多くの人が利用するInstagramですが、多くのユーザーが「フォロワーを増やしたい!」、「フォロワーの増やし方がわからない!」と悩んでいます。

私自身も広告代理店勤務で得たノウハウなどを活かし、グルメ系を中心に複数アカウントを運用しています!

運用中のInstagramのグルメアカウント
@fluke_gourmet

0から立ち上げ、運用開始半年で1万人以上のフォロワーを獲得し、現在も順調に成長しています。

半年で1万人以上を獲得したフォロワーの推移

今回はその運用経験から分かった、Instagramでフォロワーを爆増させるためのノウハウを全て公開します!

youtubeでもInstagramのフォロワー獲得方法を解説していますので、こちらでも良ければぜひ!
目次

Instagramのフォロワーを伸ばす際の良くある間違い

Instagramのフォロワー数を伸ばそうとした時に、多くの方が以下のような事を考えます。

  • 投稿のクオリティのみを追求する(手書きイラストをひたすら頑張るetc.)
  • ハッシュタグの分析を最優先する(ハッシュタグのツールを入れるetc.)

しかし、これらは基本的には間違っています。

ハッシュタグからの流入は実際の所多くありませんし、投稿のクオリティを高める前にやるべき事はたくさんあります。

どういう流れでフォロワーが増えていくのか、Instagramに評価されるアルゴリズムという2点を理解した上で適切な手順を踏んでいくことが重要です。

nobu

私自身も運用当初は闇雲に投稿していました。今思うとかなり遠回りをしてしまっていました。。

Instagramでフォロワーを獲得するために重要なのは発見タブに載ること

ではどのような流れでフォロワーが増えるのかというと、まず多くの人に投稿を見てもらえる状態になる必要があります。

現在はハッシュタグではなく、「発見タブ」で上位表示されることで閲覧数が爆発的に増え、結果的にフォロワーも一気に増やすことが出来るのです。

Instagramの発見タブ

Instagramのアルゴリズムは保存数が重要

この発見タブに載るために重要になるのが、Instagramのアルゴリズム(どのような指標を評価しているのか)を理解することです。

公式の発表はもちろん企業秘密のため公開されていませんが、私のアカウントでテストを重ねた結果、以下の順で指標が重要というが分かりました。

保存数>>>いいね数>= コメント数

つまり保存数が圧倒的に重要で、極論保存数を伸ばす事だけを考えるべきです。

Instagramの発見タブに掲載されるまでの流れ

保存数を増やしていけると発見タブに掲載されやすくなりますが、特にフォロワーが少ない初期段階ではいきなり投稿の改善に力を入れてもそもそも評価してくれる人が居ないです。

そのため様々な手法を取り入れながら初期フォロワーを増やしていく必要があります。

このようにフォロワーが伸びるまでには複数の段階があります。

Instagramのフォロワーを伸ばす具体的な手順

具体的にフォロワーを伸ばしていくまでの段階と、各段階における具体的な手順を解説していきます。段階としては以下の通りです。

  • 事前準備
  • 初期ユーザーの獲得
  • エンゲージメント率を高める
  • フォロワー外へのリーチ数を増やす
  • プロフィールアクセス率を高める
  • フォローしてもらう率を高める

事前準備

具体的な運用に入る前にやるべき事が何点かあります。

プロアカウントへの切り替え

しっかりと投稿を分析するために、まずはプロアカウントへの切り替えを行います。

Instagramのインサイト
インサイトで様々なデータが見られるようになる。

切り替えると、どのような投稿をしたらフォロワーが増やせたのか、フォロワーの年齢層や男女比など、分析・検証を行う際には必須の機能になります。

投稿ジャンル・テーマの選定

インフルエンサーや有名人のように個人にファンが付く場合を除木、ジャンルやテーマが決まっていないとフォロワーを増やす事が難しいです。

後述しますが、アカウントに統一感を持たせることは非常に重要です

対象がとても少ない場合以外は特にどのジャンルでも共通して伸ばす事ができるので、もしジャンル選定に困ったら好き・得意や、運用の目的から逆算しましょう。

投稿フォーマットの型を決める

ジャンル・テーマを決めたら、その領域で伸びているアカウントの分析をします。

継続して投稿を続けていく事が重要になるので、まずは投稿の型を作成します。(フィード・ストーリーズそれぞれ)

  • どんな画像・動画をどんな構図で投稿しているか(フィード・ストーリーズ)
  • どんなテキストを記載しているか(フィード)
  • どんなハッシュタグを付けているか(フィード)

こうした点から競合を見て、型を2〜3パターン用意します。

投稿フォーマットの例1
サムネの例
投稿フォーマットの例2
2枚目以降の例

初期フォロワーの獲得

それでは具体的な運用に入っていきます!

まずは保存数を上げるために、見てもらえるフォロワーを増やしていく必要があります。

※フォロワー数1,000人以下が対象の目安です。ある程度既にフォロワーがいる方は次の項目からご覧ください。

初期は投稿以外の方法でフォロワーを増やす必要がある

数百投稿しているのにフォロワーがほとんどいないアカウント見た事ないでしょうか?

そもそも評価してくれる対象がいないからインスタに見向きもされていない状態のためです。

初期については投稿以外の方法でフォロワーを増やす必要があり、そのために手動でフォローし、フォローバックしてもらうことでフォロワーを増やします。(実際にこれだけで1日200フォロワー以上増やしていました。)

タップテストを実施する

手動でフォローをしていきますが、一定数以上のフォロー操作を行うとInstagramから1週間のアカウント停止がされてしまいます。更にその上限数はアカウントの運用歴などによって変わるため、アカウントごとに調査をする必要があります。

上限数を調査することをタップテストと呼び、具体的には以下手順で行います。

  • 現在のフォロー人数のメモ
  • 一気に100人フォローする
  • フォローの増加数をメモ
  • ①〜③を6時間以上開けて1日3回行う
  • 3回分のフォローの増加数の平均値を出す
  • ⑤の数値の3倍が1日にフォローできる上限

タップテストで分かった上限数に基づいて、毎日手動でフォローを行なっていきます。

フォローしていく際に気をつける事

ただし、闇雲にどんなアカウントでもフォローしていければ良いというわけではありません。

あくまでエンゲージメント(いいねや保存)を獲得したいので、おすすめは以下の方法で対象アカウントを探すことです。

  • ライバルアカウントのフォロワー
  • ハッシュタグから検索したユーザー(#グルメ好きと繋がりたいetc.)
  • 上記ユーザーの類似ユーザー

また、以下の点にも注意してください。

  • いいねやコメントも同時に行うと約2倍のフォロバ率になる(やらずにも伸ばせるのでmustではない)
  • 7500人以上はフォローできないので、上限行った際には解除を行う。ただしこちらもタップテストが必要で、フォロー上限よりも少ないことが一般的。
  • 日々上限は変化するため、1.5ヶ月くらいで上限数の再チェックを行う。

エンゲージメント率を高める

エンゲージメントスコアのイメージ図
エンゲージメントスコアのイメージ図

続いて、獲得した初期フォロワーからのエンゲージメントを獲得します。

エンゲージメント率=アカウントのスコアとなり、このスコアが高いほどフォロワー外への表示が優されます。

エンゲージメント率とは

エンゲージメント率はホーム率とストーリーズ開封率

エンゲージメント率は、ホーム率(フォロワーへのリーチ数÷フォロワー数)と、ストーリーズ開封率(ストーリーズリーチ数÷フォロワー数)で求められます。

インサイト機能で確認が出来るので、日々施策を打ちながら数字を見て改善していきましょう。

投稿・ストーリーズに反応してもらう事でエンゲージメント率を高める

エンゲージメント率を高めるためにやるべき事は2つで、まず1つ目は「投稿・ストーリーズに反応してもらう」事です。

反応してもらうためには、相手とコミュニケーションを取ることが重要で、以下を行います。

  • ユーザーをフォローする(※初期ユーザーの獲得を進めているだけで良いです。)
  • フォロワーの投稿にいいね
  • フォロワーの投稿にコメントをする

ストーリーズで接触量と質を担保する

続いては作り込む必要の無いストーリーズを回数投稿することでを担保し、ライバルを参考にした投稿内容でを担保します。

この際に気を付ける事は、ハッシュタグは必ず付けて投稿することと、余裕があればインスタライブも使用するとより質が高まります。

ストーリーズのイメージ

フォロワー外へのリーチ数を増やす

ここまででアカウントのエンゲージメントスコアが向上しており、「発見タブ」への表示がされやすい状態、つまりフォロワー以外のユーザーにリーチしやすい状態になりました。

改めてですが保存数が最も重要な指標になるため、質の高い(保存されやすい)投稿を作ることで更に多くのユーザーに表示されるループを作ります。

フォロワー外への表示機会が増えるループのイメージ図
フォロワー外への表示機会が増えるループのイメージ図

ニーズ・インサイトを把握する

では具体的にどのように保存されやすい投稿を作れば良いのか?

まず、Instagram上でユーザーのニーズ・インサイトを把握していきます。

具体的には、「Instagram内でハッシュタグ検索を行い、検索ニーズがあるのかを把握した上でコンテンツを決定していく」ことになります。

ハッシュタグの検索結果画面
ハッシュタグの検索結果画面

まずはライバルなどの投稿を見て、投稿したいメインのハッシュタグを決定します。(ex.新宿グルメ)

実際にハッシュタグ検索し、投稿ボリュームが少ない=検索ボリュームが少ないと判断出来るため、ユーザーのニーズが少ないと想定されます。

また、ご自身の運営するアカウントと同規模のライバルアカウントを見に行き、使用しているハッシュタグを調べ、アカウントの規模ごとに適切な検索ボリュームを設定します。

こうして投稿ごとの内容・コンテンツをハッシュタグをベースに決定していきます。

保存される投稿を作成する

ユーザーのニーズ・インサイトを把握し投稿コンテンツの方向性を決めたところで、 保存をしてもらう、つまり後で見返したくなる投稿を作成していきます。

基本的には事前準備で型を作成した時に抽出した同ジャンルで伸びているアカウント、もしくは同業態で伸びてるアカウントを参考にしていきます。

Instagramで保存されやすいフォーマットの例

参考までに、保存数が伸びやすいフォーマットの例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

体験系のフォーマット
参考情報系
知識・ノウハウ系
フォーマットの実例で保存数を比較

実際グルメアカウントの方での変化を実例でご紹介します。

保存数が1の投稿
保存数が1だった投稿
保存数が300の投稿
保存数が300だった投稿

このように、投稿内容を変更していった結果保存数が1から300まで増え、一気に表示回数も増えました。

競合を参考に型を壊しては作り、インサイトを見ながらベターな型を作り続けるというPDCAが何よりも重要です!

プロフィールアクセス率を高める

これまでの施策の流れで、相当数のリーチ数が稼げるようになります。

ここまで来ればもう一歩で、続いてフォローしてもらうためにプロフィールへのアクセス率を増やします。

大きく2つの施策があるため、それぞれ紹介していきます。

投稿画像からプロフィールに誘導する

各投稿の最後に誘導用の画像を設置します。

プロフィール誘導用の画像
プロフィール誘導画像の例

この際保存も同時に促すとさらに効果が高まります。

キャプションからプロフィールに誘導する

投稿に付けるキャプション(テキスト)にも誘導を付けるのがおすすめです。

キャプションからプロフィール誘導

他にもこんな投稿しているので見てね、などの文章と一緒に、@を付けたアカウント名を設置することで、そこをクリックするとプロフィールに飛ぶ事が出来るようになります。

フォローしてもらう率を高める

ユーザーの動きとして、フォロー前に基本的にはプロフィールを通過します。

アイコンやプロフィール、投稿の世界観などを参考にしてフォローするかを決めるため、フォローされやすいプロフィールにすることが重要です。

フォロー率は「フォロワー増加数 ÷ プロフィールアクセス数」でモニタリング出来るため、一目見た時にメリットがあるとユーザーに理解してもらうことを意識しつつ色々と試してみましょう。

フォローされやすいプロフィールを設定する

具体的には以下の4点を中心に変更しましょう。

  • アイコン画像
  • プロフィール文章
  • ハイライト
  • フィード投稿

基本的には競合を参考に、インサイトを見ながらPDCAを回していきます。

ハイライトについては、以下のパターンが有効です。

  • 過去の投稿をカテゴリごとに整理
  • 商品を写真や動画で紹介
  • 商品にリンクを付けてPR

Instagramの成果が上がる投稿作成テクニック

ここまで紹介していた以外の、フォロワーを増やすための投稿作成時のテクニックをご紹介します!

ハッシュタグを攻略する

ハッシュタグについては、30個まで付けることが可能なため、メモ帳やExcelなどで型を作って管理することがおすすめ。

ポイントは、一般ワードと、ただフォロワーを増やすためだけのハッシュタグは避けるということです。

例えばフォロワーを増やすための#follow4followというタグは、雑多なフォロワーはむしろマイナス影響のためNGです。

また、#東京グルメは競争が激しく上位表示が難しいため、もう少し具体的な#三軒茶屋ランチなどの具体的なハッシュタグにします。

投稿タイミングをインサイトから決める

インサイトからフォロワーのアクティブな時間帯がわかるため、その時間に合わせて投稿すると反応を得やすいです。

位置情報を利用して流入数を増やす

位置情報の設定例
位置情報設定の例

投稿時には必ず位置情報を付けましょう。

ここから検索して流入することもあるため、店舗じゃない場合でも位置情報は設定する。(例え「新宿駅周辺」など)

投稿頻度をルール化する

継続して投稿を続けることが重要なため2〜3日に1回は必ず投稿する事が重要です。

ちなみに理想は毎日ですが、1日2回以上の投稿はあまり効果が無いです。

投稿に統一感を持たせる

ユーザーは、過去の投稿が見たいのではなく未来の投稿に期待してフォローします。

グルメな投稿が見たいのに旅行記ばかりだったり、最初は綺麗なまとめ方をしていたのに画質が荒い投稿ばかりなどではフォロー解除されてしまいます。

アカウントの世界観が好きでフォローする方も多数いるので、見た目・内容の統一感が重要になります。

リポストで投稿数を確保する

毎日自分で写真を作ったり投稿しなきゃいけないの!?という方もいらっしゃるかと思います。

他の人の投稿を拝借して自分のアカウントで再投稿する「リポスト」という戦略もありです。※この戦略だけで数万人のフォロワーも全然狙えます。

リポストを行う際には、事前に投稿を持つアカウントにDMを送り許可を取りましょう。大体3割くらいの方は快諾してくれます。

リポストアプリなどもあるため、行う際はapp store等で検索してみてください。

Instagramのフォロワーの伸ばし方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

細かい投稿内容のおすすめなどはジャンルなどによって変わるため一概には言えませんが、今回お伝えした事を徹底すれば誰でも短期間で数万フォロワーを目指す事ができます。

実践して成果の出た方法のみをお伝えしているので、ぜひ試してみてください!

目次