CTR(クリック率)とは?広告やSEOでの平均や計算方法、改善ポイントなどの考え方

CTR(クリック率)とは?広告やSEOでの平均や計算方法、改善ポイントなどの考え方

広告運用やSEOにおいて頻繁に耳にする「CTR」という言葉。

言葉の意味だけでなく、計算方法や、各媒体の平均値、どのように改善できるのか、チェックポイント付きでご紹介していきます。

目次

CTR(クリック率)とは

CTRとは、広告またはサイトページなどが表示された回数(インプレッション数)に対し、ユーザーがどのくらいクリックしたかを計算したものです。

Click Through Rateの略であり、クリック率と呼ばれ、インターネット広告の運用、SEOで重要な役割を担っています。

CTRの計算方法

CTRは以下の式で算出されます。

CTRの計算式

CTR(%)=クリック数÷インプレッション数×100

例えば、インプレッション数10,000回に対してクリックされた回数が100回とすると、

CTR=100(クリック数)÷10,000(インプレッション数)×100となり、計算するとCTR=1.0%という答えが導き出せます。

CTRの値が高いということは、インプレッション数に対してクリックされる割合が多いということになります。

SEOのCTR

SEOにおけるCTRは、検索結果の表示順位によります。

検索結果の表示順位が高いほど、CTRも高くなるのです。

SEOとは?はこちらで解説しています。

リスティング広告のCTR

リスティング広告に関しても、SEOと同様で表示順位が高いほどCTRも高くなる傾向にあり、そこは自然検索と変わりません。

ディスプレイ広告のCTR

ディスプレイ広告は全ての業種において、リスティング広告に比べCTRは低い傾向にあります。

CTR(クリック率)の平均値

SEO、リスティング広告、ディスプレイ広告は、それぞれ目安となるCTRの平均値が異なります。

SEOの平均的なCTR

検索結果の表示順位によるCTRの平均は以下の通りです。

検索順位デスクトップモバイル
1位35.07%32.78%
2位17.06%17.73%
3位10.56%11.77%
4位7.16%8.38%
5位5.10%8.40%
6位3.75%4.85%
7位3.39%2.79%
8位2.15%2.49%
9位1.72%1.86%
10位1.42%1.43%
検索エンジンの表示順位におけるクリック率の推移
 参考::https://www.kwm.co.jp/blog/ctr/

1位表示と2位表示で約2倍の差があり、4位以下になってしまうとなかなかクリックされないということが分かります。

CTRを高めるにはSEOを強化し、狙ったキーワードでの検索結果をより上位に表示させることが必要です。

リスティング広告の平均的なCTR

リスティング広告の場合は、業種であったり、ユーザーのインターネット環境であったりでクリックされる割合が少し変化します。

たとえばクリックされやすい業種として

  • デート/出会い
  • 旅行
  • 自動車

などが挙げられます。

逆にクリックされにくい業種として

  • 技術
  • B2B
  • 消費者サービス

などがあります。

業種ごとの平均的なCTRは以下の通りになります。

業種ごとの平均のクリック率
参考:https://digitalidentity.co.jp/blog/ad/about-ctr.html

モバイルで検索した際のリスティング広告は、PCに比べCTRが平均して高くなる傾向にあるのも特徴です。

ディスプレイ広告の平均的なCTR

ディスプレイ広告の業種ごとの平均のクリック率
参考:https://digitalidentity.co.jp/blog/ad/about-ctr.html

全体的に約1/5以下のCTRになっていることが分かるかと思います。

「不動産」だけが1%以上のCTRを維持していますが、その他は1%未満です。

ユーザーが指定したキーワードに対する結果として表示されるリスティング広告と、何気なくネットサーフィンしている際に表示されるディスプレイ広告。

ユーザーの「目的」と表示されるタイミングによって、この差は生まれていると考えることができそうです

CTR(クリック率)を上げることのメリット

メリットとデメリットのイメージ

CTRを上げることによって主に3つのメリットがあります。

  • コンバージョン数の増加
  • 広告ランクの上昇
  • ユーザーデータの収集

コンバージョン数の増加

CTRを上げることで、自サイトへの流入・広告への流入の両面からCV(コンバージョン)の数が増加します。

最終的にはCVを目指すことが目的になるサイトを運営しているのであれば、大きなメリットです。

広告ランクの上昇

リスティング広告のCTRが高くなると、ユーザーにとって質の高い広告であると認識され、ランクが上がります。

より上位表示されるようになったり、表示回数が多くなったり。

そうなれば当然、さらに流入が多くなりますので、より成果を生み出すことができるようになります。

また、広告ランクが上昇すると、1クリックあたりの単価を下げることができるため、結果的にCV1件あたりの獲得にかかる費用を下げることが出来ます。

ユーザーデータの収集

CTRが高くなると、多くのユーザーデータを集めることができますので、広告やLP(ランディングページ)の質を向上するために役立てることができます。

CTR(クリック率)を上げるための考え方

ひらめきのイメージ

CTRを上げるためには、どのようなことを考える必要があるでしょうか。

SEOとリスティング広告の面で考えてみます。

SEOでCTRを上げる考え方

SEOでCTRを上げるためには、ユーザーの視点を持つことが重要です。

サイトの中身を充実させることも大事ですが、検索結果で目につく「タイトル」や「サブスクリプション」に、ユーザーが「重要そうだ」と感じるような文章を入れることでCTRは上がります。

リスティング広告でCTRを上げる考え方

ユーザーは何かを求めてキーワード検索します。

そのタイミングで求めていた情報が表示されると、必然的にCTRは高くなるのです。

リスティング広告は、キーワードの指定ができます。

自分が提供する情報は、ユーザーのどんな問題を解決できるのかを見極め、キーワードを選定することが重要です。

CTR(クリック率)改善のための注意ポイント

チェックポイントのイメージ

CTRが下がっている時に、どんなことに注意すれば良いのか、7つのポイントを具体的にご紹介します。

CTRが上がらずに悩んでいるのであれば、ここはしっかり目を通してください。

対象のターゲット設定は適切か

ターゲットは、地域・年齢・性別で分けることができます。

どんなユーザーが多いのか、把握して適切にターゲットの設定をすれば、必然的にCTRは増加します。

適切なクリエイティブになっているか

ディスプレイ広告でCTRが低い時は「クリエイティブ」に原因がある可能性があります。

CTAのデザインを変更したり、画像を変えてみたり、場合によっては画像内の文言を少し違ったものにするだけでもCTRが上がる場合も。

様々な方法を試してみて、試行を繰り返すと、上手くいくパターンが見つかる瞬間がやってきます。

狙っているキーワードは適切か

リスティング広告では適切なキーワードの設定が重要になります。

設定したキーワードでユーザーが検索した時に、ユーザーの目的やニーズと合致した広告が表示されれば、CTRは上がります。

一方で、設定したキーワードが適切でない場合、せっかく広告が表示されてもクリックされなくなります。

それによって質の低い広告と認識され、表示回数が減ってしまう恐れもありますのでご注意ください。

訴求ポイントは合っているか

訴求ポイントとは、検索しているユーザーが持っている不安や不満のことです。

例えば初めてのものを購入する際には、誰もが不安になります。

他に良いものがあるかもしれないと考えるユーザーも少なくありません。

そんな時に、「1ヶ月使用して効果がなければ全額返金」という文言が書かれてあれば、試してみるユーザーが増えるわけです。

このように不安や不満を解決できる根拠や具体策が内容としてあれば、ユーザーが広告をクリックする理由となります。

具体的な数字、データを提示しているか

人はあいまいな表現に不信感を覚え、具体的な表現に信頼感を持ちます。

例を挙げると、「発売1ヶ月で多くの方にご愛用いただいています」と書かれていても、なんとなく避けてしまうのではないでしょうか。

一方で「発売1ヶ月で20,000名のお客様にご利用いただきました」と書かれていれば、安心感がありますよね。

このように具体的にデータを明示することで、ユーザーが納得してクリックしてくれる確率が上がります。

ユーザーの購入の決め手を訴求しているか

いくら興味を引けたとしても、最終的に他に流れてしまっては仕方がありません。

また、クリックしてもらうことが最終目的ではなく、その先の購入して満足してもらうことを念頭に置いて広告文を考える必要があります。

ユーザーによって購入の決め手は様々ですが、業種によってある程度パターンは決まっていることがほとんどです。

品質はもちろん、付加価値で購入を決定することも多々あります。

その商品やサービスを利用するメリットをリストアップし、他にはない強みを前面に押し出すことで、購入を前提としたクリックにつながります。

広告表示オプションは追加しているか

GoogleとYahoo!の広告には、それぞれ「広告表示オプション」があります。

広告表示オプションは、広告文だけでは伝えきれなかったメリットを追加で表示できるようにするための機能です。

例えば、近くの飲食店を検索した際に、そのお店の住所や地図、お店までの距離を広告内に表示するオプションがGoogle広告にはあります。

他にも多数のオプションがあり、ユーザーにとって便利な機能が揃っているのが特徴です。

Googleの広告表示オプション
参考:https://conversion-labo.jp/report/lp_ad/6864/

こういったオプションを最大限活用することで、小さな不満からクリックしていなかったユーザーの取りこぼしを防ぐことができます。

CTR(クリック率)は訴求とターゲットが合っているかの指標になる

CTRは訴求内容とユーザーの目的が合致した時に上がります。

ユーザーの目的を変更させることは基本的にできないと考え、こちら側がユーザーに寄り添っていく必要があります。

ユーザー目線のマーケティングを行い、ユーザーの満足を作ることができるということを伝えることができれば、自然とCTRは上がっていくのです。

目次