【セル結合】Excel上で複数セルを1つのセルに結合する方法とショートカット

【セル結合】Excel上で複数セルを1つのセルに結合する方法とショートカット

今日は、セル結合についてご紹介します。特に、作成した表の見た目を整えるために使用する事が多いかと思いますが、使う・使わないで見た目に大きな差が付く為、ぜひ覚えましょう。

目次

セル結合とは?

セル結合とは、字の如くセル同士を結合し、1つのセルにする事を言います。見て理解する方が早いので、例を見てみましょう。

3つのセルが結合し、1つのセルになりました。

このような形で、セルを結合するのです。

セル結合はどんな時に使うのか?

序文でも記載の通り、主に使う場面としては「表の見た目を整える」時に使用します。

表使用時の、具体的にどのような時に使うかと言うと、「項目内」に「複数指標存在する時」が多いです。これはどういう事かと言うと、例えば以下の例の様な場合です。

分かりましたでしょうか?同じ値が入った行と列がそれぞれ存在しています。これが「項目内」に「複数指標存在する時」です。

では実際にセル結合を行ってみましょう。セル結合した例の下に、結合していない例を再掲しますので、見比べてみて下さい。見た目の整合性が違う事が伝わりましたでしょうか?

かなり見やすく整理されたのがわかりますでしょうか?
元はこのように見にくかったですね。

セル結合の使い方

それでは実際使う際の使用方法をお伝えいたします。結合したい全てのセルを選択し、上部のメニューにある「セルを結合して中央揃え」をクリックします。

セル選択の効率的な操作方法はこちらのリンクから。

セル結合のショートカット

セル結合にもショートカットは存在します。セル結合のショートカットは、結合したいセル全てを選択しながら、「alt + H M Enter」の順で押下します。

altを使った便利なショートカットは多数ありますので、この機会に覚えておきましょう。altショートカット一覧と操作方法はこちらのページにてご紹介しております。

セル結合と同時に覚えるべき機能

ここまでお教えした機能を実際に使ってもらえると分かるかと思いますが、以下のようにセル結合をすると自動的に文字が中央寄せになり、セル結合以外のセルとの見た目がアンバランスになります。

そのため、文字の中央寄せを同時に覚えましょう。中央寄せすると、以下のように整います。

全て中央に寄り、バランスが良いのが伝わりますでしょうか?

中央寄せの使い方

中央寄せは、結合した(中央寄せしたいセルが複数ある場合は全ての)セルを選択し、下記の画像内にある、上部メニュー内のテキストが中央に寄っているボタンをクリックします。

中央寄せのショートカット

そして最後に、中央寄せのショートカットをご紹介します。こちらも対象のセルを選択後、「alt + H A C」の順にクリックします。

ぜひ、中央寄せと同時にセル結合を使ってみて身に付けてください。

目次